レーザー脱毛の特徴を他の脱毛方法を比較

レーザー脱毛の特徴を他の脱毛方法を比較

レーザー脱毛は皮膚科や美容クリニックといった医療機関で行われている脱毛方法で、レーザーの力で毛根の細胞を焼ききることによって脱毛効果を得るというものです。
レーザー脱毛の特徴として、エステサロンや脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛などと比較した場合、脱毛の威力が強く少ない施術回数で脱毛を完了させることができるという点が挙げられます。

医療レーザーはフラッシュに比べると高い出力を出すことができるため、脱毛効果が優れています。

レーザーを使用した場合は平均的に4~8回程度の回数で脱毛が終了しますが、一方でフラッシュの場合は10回前後と多くの回数が必要になります。

脱毛をよりスピーディーに効率的に行いたいという人にとってはレーザー脱毛は大変適した脱毛方法であると言えます。また、効果が持続する期間に関してもレーザー脱毛の方が長くなると言われています。

レーザー脱毛は誕生してからの歴史がまだ浅いため、脱毛効果の持続期間についてはまだはっきりとした確証がとれていません。

しかし被験者の多くは数年~十数年経過した時点でも脱毛効果の持続を実感しており、半永久的に続くという見方もされています。


一方でデメリットとしては、フラッシュ脱毛に比べて施術時に感じる痛みが強いという点があります。
レーザーは出力が高く脱毛威力が強い分、照射した時に毛根に伝わる熱のダメージが大きくそれゆえ感じる痛みも強くなります。


デリケートゾーンなどは特に痛みが強くなりやすいので、場合によっては麻酔クリームが使用されることもあります。




全身脱毛の人気ランキングについての情報を提供しています。







Copyright (C) 2015 レーザー脱毛の特徴を他の脱毛方法を比較 All Rights Reserved.